自画像についてですが自分で描く自画像の描き方というのは
いくつかのパターンがありますので、ちょっと考えてみます。

1.特徴を捉えつつコミカルにかく

ちなみにこの自画像、我ながら結構にてると思います。
世間的にもっとも多くとられているであろう方法です。

実際に会ったとき当人がかっこよかろうと不細工だろうと
特に問題なく、特徴だけをさっと説明できて軽く笑いもとれて、
反感を買うことも少なく、いいことずくめではないでしょうか。

まあ例はそんなすばらしい自画像ではありませんが。


2.なんだか動物をかく

いや、魚って言うのはあんまりないですが、犬や猫なんかは
よくありますよね。

ペットの写真なんて言うのも多いですし。

わたしとしては本人の雰囲気がさっぱりわからないのでどうかな
と思うのですが。

しかし結構多いですよね。



3.困ったちゃんその1 やたらとかっこよく描く

実際に会ったらどの面下げて・・・と文句言われそうなこのタイプ。
まあ絶対に会わないと心に決めているならかまわないでしょう。

しかしこのタイプは自分の容姿にうぬぼれているだけでなく、
自分の絵はかっこいいと、自分の画力に対してもうぬぼれているので
そっちの方がたちが悪い。

「こんなにかっこよく描いちゃって〜えへへ〜(笑)」
とか書いておきながら、絵を見ると全くかっこよくない
というのが一番なさけないですな。


漫画のストーリーの中ではどんな絵であれこいつはかっこいいと
決めたらかっこいい事になりますが、自画像というのは現実社会
に訴えるものですからそうはいかない。

左の例はかっこよく描いたつもりです。
だめ?



4.困ったちゃんその2 やたら不細工に描く

滅多に見ない、というか見たことがないのがこのタイプ。

自分を卑下するのは日本の良い文化だと思いますが
こういうのはどうでしょうね。
第一気持ち悪いし。あ、本当にこういう容姿の方がごめんなさい。

クリエイターというのは夢を売る商売ですから現実の容姿はどうあれ
格好いいと思わせておく方がいいと思います。エロだけは別かも
しれませんが。

ただし、実際には容姿に非常に自信があって、頻繁に人に会う
予定がある場合はありかもしれませんな。
だとしてもかえって嫌みでいやですね。

本当にこういう容姿の方、ごめんなさい。





5.困ったちゃんその3 性別を偽る

ネカマという奴です。

全く偽らなくても性別不詳にするというケースはかなり多い。
エロ漫画家の場合、女性作家の方が重宝されるそうです。だから
でしょうかね。

私も一瞬性別不詳にしようかとは迷ったのですが、
騙しきる自信がまったく無かったのでやめました。
だまし切れたとしても男性からラブレターなんぞ欲しくもないし。

逆に女性だけど恥ずかしいから男性のフリをするというケースも
あるでしょう。その場合は問題ないですね。

しかし同じエロでも女性が描くと「お、女の子がこんなモノを・・・。」
と妄想を膨らませる方がいらっしゃるのでしょうな。

私はどちらかというと「女に男の性欲がわかるのか?」というような
性差別者的考えを持っているのですが。性欲、というと男よりもむしろ
わかりそうすが、フェチとか萌えとか、そういうこだわりの部分はどうな
のかななんて思います。
もちろん女性が描いたすごくおもしろいエロ漫画も読んだことあります
し、作品に対してどちらが描いたからと言って優遇ないし差別する気は
全くありませんが。

<back>