横顔の描き方

そう言えばこれもありました。今まではさらっと流していましたが横顔は初めからそこそこ描けたような気もするしいまだに描けない気もします。まあいつも通り、とりあえず私がどうやって描くかを。

では一気に描いてしまいましょう。

まずは正面と同じように正中線を引きます。

正面と同じように、頭頂からあごまでの長さは円の直径通りに。

横の正中線を目に合わせるか鼻に合わせるかで変わりますが、
今回は鼻に合わせます。

頭頂から来て、おでこのライン。おでこのラインは平ら、あるいは
少し丸みを帯びさせて。男性はまっすぐ、女性は丸みを帯びている
と言う説があります。それを忠実に守っても良いと思います。
私は守っていませんが。
おでこは底辺が一番ふくらんでいてそのふくらみの部分は眉毛が来ます。
そして目の位置が落ちくぼんでいます。日本人はのっぺりしているので
このくぼみはほとんど無いはずですが、マンガのキャラは
目鼻立ちがくっきりしているのでくぼみます。

そしてこのふくらみは鼻のライン。
鼻の高さはお好みに。正面を向いたときには鼻がないのに
横を向いたときは高いなんて変だ。と思いますが気にする必要は
有りません。そういうものです。

そして鼻の下のラインは急カーブで。

それから口です。上唇は膨らませて描いたりいろいろですが
私はあまり膨らませません。
下唇はやや膨らませて。ただし上唇より前に来てはいけません。
いや、いけないことはないんですが。美男美女の場合は、と
いうことです。
後はあごはシンプルに。
ほお骨が来ます。余りくっきり描かない方が私は好みです。

耳がきます。正中線の真ん中に耳が来るように。
正中線を目に合わせたときは耳の上辺が正中線と合うように。
正中線を鼻に合わせたときは耳の中央が正中線と合うように。


首は正中線から同じ幅で。

おでこのラインの頂点から首筋に至る後頭部の描き方ですが、
普段このラインは髪の毛で隠れるためあまり意識する必要はないでしょう。
描くときは、ただ丸くすればいいとものではありません。
つむじの位置は頭頂部より少し後ろにあると考えてください。
後頭部から首の後ろまでは少しまっすぐに線を引いてください。

以上が輪郭の描き方です。
では今度はパーツ毎に考えてみましょう。

目の描き方

目はまず正面をかきます。

 

 

それを半分に切ります。
これでできあがりです。

横を向いたときにこうなっている人は
正面を向いたときにはこうなっているはずです。

まつげの書き入れ方は普通なら上まつげだけを前にぱっぱと。

 

 

 


私はばさばさと書き入れます。

つり目

 

 

 

垂れ目

 

眉毛の描き方

本来は目と同じで半分の形にするはずなのですが、目の幅から言って全く半分にするとおかしいかもしれません。。
多少長め、正面を向いている時と同じくらいでいいかもしれません。この辺は好みになるかもしれませんが。
実際の人間の眉毛は輪郭に接していますが、マンガ絵では眉毛と輪郭をくっつける必要は有りません。
顔の凹凸の激しい顔ならくっついていないことも充分あるとおもいますし。
くっつけても良いですがちょっと変ですよね。



鼻の描き方

まあいろいろな鼻もありますが、そう言うのは適当に。
普通の鼻ならこういう形でしょう。(下のラインは水平)
私は何となく鼻を上に向かせています。こっちの方がいいと思ったので。
アニメ絵、ロリ絵だと上向きになる傾向があるように思います。
普通の絵なら下のラインは水平、と覚えておいた方がいいでしょう。




口の描き方

口も正面から半分にぶった切ればいいと思います。

切断面の曲線は微妙すぎて何ともいえません。

 

鼻のラインから上唇の間は鼻の下があるのですが、鼻の下は短い方がいいと思っています。

口を開けるとこうです。
昔アニメでこういう横顔を見たことがあるのですがこういうのって
どうなんでしょう。私は口が曲がっているように見えて仕方が
無かったのですが。

 

髪の毛はいいですね。頭の形に添って適当に。

 

こんな物でしょうか。以上で横顔講座を終わります。

<back>

<next ・全身へ>