手・・・人体の中で顔の次に難しいのが手です。しかも顔と違って書き込んでいないから手が一番難しいという絵描きさんも多いはず。相当上手い人でも手を見るとケチを付けることができます。他人にケチを付けずにはいられないようなねじくれた人はやってみよう。

手は関節を一つ一つかいていくのが一番いいようです。

今まで上手にかけないことを理由に例を乗せていなかったんですが、それも突き放しすぎなので一応下手なりに私の書き方を。

とにかく注意することは、親指側はふくらんでいるが小指型はふくらんでいないと言うこと。これを注意していれば右手、左手、手のひら側か、裏側かの区別はばっちりです。

 

関節ごとの書き方というのはこんな風に。これで指を曲げたところもばっちり。・・・でしょうかねえ。

手の大きさですが、手で顔を押さえてみればわかるとおり、手のひらの大きさは顔とほぼ同じ大きさです。
正確に描くときはそれを基準に描きましょう。
ただ、マンガでは手足は大きい方が格好いいです。
あんまりでかいと変ですが、顔の大きさより一回り大きいぐらいを基準に描いた方がいいと思います。

<back>

<next ポーズのついた全身へ>