パーツの配置の仕方

さて、目、鼻、口、耳をどのように配置するか。これが問題です。

絵を描く人はよくこのように丸に線を引いてから顔を描くと思います。これは正中線と言います。

しかし単に丸に+を描いたら顔になるわけではない。この+のどこになにを配置するかが問題になるわけです。これにはかなり考え込みました。

まあ基本的には横線の所に目が、縦線の位置に眉間、はな、顎がくるわけです。、

私の失敗その1:丸の中に顔のすべてを納めようとする。

まず顔の線の引き方ですが、丸の中にすべてを納めようとすると、正面の時はいいのですが斜めを向くと

こうなってしまいます。

どうして顔が小さくなってしまうんだろうとかなり長く悩みました。

 

これは短期間なのですが球体を意識して線を引いたこともあります。

横のラインはこれで正解なのですが縦のラインはこの通りに輪郭を描くと、

どんなに横を向いても顎が真ん中に来てしまうんですね。不思議ですね。

というわけで僕のたどり着いた正解は顔の正中線は円の直径にあわせて引く。です。顎は円からは堂々とはみ出しましょう。

 

さて、正中線の引き方がわかったところで次の問題は正中線と円のどこになにを配置するかです。

現実の人間の場合は鏡を見ればわかるように、大体頭の真ん中に目があると思います。しかし坊主頭の人は頭の上の方に目があることでしょう。要するに髪の毛で頭が盛り上がっているから頭の真ん中が目なんですね。顔の真ん中はいつでも文句無く鼻になると思います。

だから横線の上に目を置いた場合は以下のようになります。

線の下に鼻、耳

交点に鼻をおいた場合は以下のようになります。

ライン上に耳がくる。目はラインの上

頭のてっぺんをどこに持ってくるですが、

普通の人間を描いたとき

交点が目の場合、円の中に髪の毛を含めた頭の頂点を入れる。

交点が鼻の場合、円の中には坊主頭の頂点が入る。髪の毛ははみ出す。

ロリロリ絵を描いたとき

交点が目の場合、円の中には坊主頭の頂点が入る。髪の毛ははみ出す。

交点が鼻の場合、円の中は眉まで。額、髪の毛は円からはみ出す。

こんなものでしょう。

<back>

<next ・首へ>