前書き

人はどうして上手に絵が描けないのでしょうか。
それは人は思いこみでしか絵が描けないからです。
その思いこみはたいていの場合曖昧であるか間違っており、そのため下手になって
しまうのです。

デッサン教室など、通常の絵画教室であれば思いこみで描かないように
観察法を教えられる事になると思います。モチーフに向かって片目を瞑って鉛筆を
たてる姿が思い浮かびますがあれもその一つです。
そして長い訓練を経て、一人前の絵描きとなることができます。
しかしながらそこにいたる道は非常に険しい物です。

もっと簡単に上達するにはどうしたらいいのでしょうか。
思いこみが間違っているから問題なのであって、
思いこみが正しければちゃんとした絵が描けるのでは無いでしょうか。

そこで当HowToではこれを守っていればある程度人間らしく見えるだろう、といういくつかの約束事を提供いたします。
つまり正しい思いこみを身につけよう、と言うことですね。
この方法では今までの描き方を変える必要はなく、ポイントポイントで
注意するだけなので、ほとんど練習する必要がなく、簡単に上達できると思います。

しかしながらはっきり言いまして当HowToをマスターして到達できるレベルはかなり低いです。
デッサンでも模写でもそればかりやっているとある程度で頭打ちになるところが
あるそうですが、それとは比べ物にならないくらい低いところで頭打ちになります。

というわけで本HowToは以下のような方に活用していただきたいと思います。

・絵描きの第一歩を踏み出したいがとりあえず何をしたらいいのかわからない方。
・すごく上手くなりたいわけではない。ちょっとだけ上手くなりたい方

本当に上手くなりたい方はもっといいサイトがいくらでもあるのでお探しください。

・絵を描く技術について 人様からの受け売りですが、この前書きで言いたかったことなので是非一度ご一読ください。2002/4/27

 

では、頑張ってください。
それは違うだろうとかここはこう描くべきだというご指摘は随時受け付けております。

<back>