目、眉

目は顔の中で一番重要なパーツです。はっきり言ってその他のパーツは特徴なんてほとんど出しようがありませんが、目だけは違います。絵の中でも顔が、顔の中でも目が最も重要なパーツといえるでしょう。目の描き方はこうやって描けというのはありません。まあ好きに描くべきです。というのも投げやりなので僕の描き方を。

まず実際の人間の目というのはこのように半月型になっています。左右は閉じています。

僕がマンガで描く目はこんな風になっています。だいぶ別物になっていますね。

さて、違いは何でしょう。縦に長い。目の左右が閉じていない。といったところですね。もちろん漫画界全体では絵柄はあれこれありますが、普通の人間よりも縦に長く描くジャンル、アニメ絵、ロリ絵、美少女絵・・何でしょうね。の描き方を説明していきます。

こういう絵を描くときに考えてはいけないことがあります。それは眼球がどうなっているかです。考えるととっても怖いことになります。そんなことは無視しましょう。

ただし目の左右が閉じていない場合でも閉じようと思えば閉じられるように描いた方がいいです。なぜなら色を塗るときに白目と肌の境目をどこにしようか迷うから。まあだいたいは上瞼の端と下瞼の端に真っ直ぐ線を引いて境目にするだけですが。

では改めて僕の描き方を。

上瞼、下瞼を描いて目の形を決めます。上瞼は太くするのが漫画界の常識なので覚えておきましょう。

こうするとつり目、

こうするとたれ目です。

僕の絵では上瞼はとんがっているのと丸いのと2パターンありますそれだけです。ほかにはありません。

それから上瞼と下瞼の幅でロリ顔か、大人顔か決めます。これだけでキャラの描き分けが少しできます。

それから黒目を入れましょう。人間の黒目は丸い。だから本来なら丸く描くべきです。

しかし目が縦に長い場合は、

びっくりしてるみたいですね。

こうならできますが正面が向けません。

あ、黒目しかない。

ということになるのでそんなことは気にしてはいけません。堂々と黒目は縦長にかきましょう。ちなみに眼球をえぐり出したときはきちんと丸く描きましょう。そんな矛盾はマンガでは気にしてはいけません。

僕の場合は

まっすぐ線を描く

白丸(艶)黒丸(瞳孔)を描いて

後はぐりゅぐりゅ適当に描きます。

あとはまつげをばさばさ入れて二重を描いてできあがり。こういうのは自分のこだわりでいろいろに描きましょう。

眉毛もいろいろなパターンがありますが

細い、太い

こんなものでいいしょう。

目と眉毛の幅は広くても狭くてもそれなりの絵柄になるのであまり気にする必要はありません。

<back>

<next ・鼻へ>