漫画絵の描き方ステップ3:ベタ(髪塗り)

1.新規レイヤー(カラー)で髪の毛レイヤーを作成します。

 本当に真黒にすればいいだけなら、髪のふちをきちんと閉じるようにして、バケツで塗るという手もあるのかもしれませんが、
 それだと艶やかな髪にはなりません。

 そこで「筆」を使用します。

 単純に、「筆」で塗って綺麗になればいいのですが、私が下手なだけでしょうが、なんだか全然綺麗に塗れません。

 

2.そこで綺麗に塗る方法を。

 まず新規レイヤー(カラー)で髪の毛レイヤーを作成します。そしてバケツツールで白一色で塗りつぶします。

 当然ペン入れした線が見えなくなってしまいますが、レイヤーの合成モードを「乗算」に設定してください。
 ペン入れした線が見えるようになります。

3.「筆」の設定で、混色を「0」「100」以外の中間にします。これで黒で塗ろうとしても、背景の白が混じるようになります。

 

こうすると、一回描いただけなら薄く描け、筆を重ねるごとに色が濃くなっていくので、綺麗なグラデーションがつけやすくなります。

 ちなみに「筆」の設定で、ブラシ濃度を30%くらいにしても、元よりは全然グラデーションが効いて
 塗りやすいと思います。
 さらにこの場合は3〜4回重ね塗りすればちゃんと真っ黒になります。

 最初に提示した方法だと何回重ね塗りしても 背景と混じり続けてなかなか真っ黒になりません。
 その分数回塗りミスしても影響がないわけで 私のような下手な人にはお勧めできるのですが。

 もう一点、筆でベタに塗りたい場合もあるので、設定のスライドを毎回いじるのは面倒くさいですから、
  一度白一色で塗った方が個人的には楽だとも思っています。
 しかし何回も塗らないとなかなか真っ黒にならないのはイラつくという人もいると思いますし、
 まあお好みでどうぞ。


どうでもいいですけど顔の下の髪の毛を塗るとき、どうせ消せばいいやと顔にはみ出して塗ると、
なんかすごく嫌な感じになりますよね。ひげがある女の子ってなんだか恐ろしい。

 

もちろんひげはきちんと消して完成です。

 

<back>  <next:影付けへ>