難しい顔の書き方(見上げ、見下げ)

さて、少し難しい顔の描き方、顔を上から見下ろしたときと下から見上げたときです。
このような角度のある顔は上手く描くと格好良くなりますが、結構難しいんですよね。
頭蓋骨の正確な形と遠近感なんて私にはわかりませんが、
私がやっているそれっぽく見える描き方です。

 

すこし極端に描きましたが、目は丸い眼球の上にまぶたが被さって
丸く膨らんでいます。その為、角度を変えて見ると形が変わって見えるわけです。
実際の人間(特に日本人)はそんなに形が変わらないでしょうが、
マンガではそう言うのは強調すると格好良く見える物です。

ではまず上から見下ろしたとき。

 
上から見下ろした時は目はこんな形になります。上瞼はゆるい逆カーブ、
下瞼はきつい逆カーブです。

こんな風に目の両端が下がっている描き方もありますね。
 

これは

と、両端が眼球をはずれているから発生することと思われます。


まつげは横と下に向かってのみ描く様にしましょう。私は時々上向きに描きますが
不自然なのでやめましょう。

では描き方です。

まず正中線を左記のように球に沿って引きます。中央の線に対してどれだけ下を向いているか決めましょう。
それに対して輪郭を引きます。輪郭は、
・頬を下げ気味に描く
・耳の位置は変わらない
・おでこは広めに描く
ここら辺を注意しましょう。正中線に沿って描けば自然とこうなるだろうと思います。
では目を描き込みます。目は上瞼を正中線に平行に描くといいでしょう。たれ目のキャラ、つり目のキャラは平行に描く訳にはいきませんので微修正してください。
鼻と口を描き込みます。
・目と鼻の間は広く
・鼻と口の間は狭く
・口とあごの間も狭く
というように下に行くほど狭くなっていきます。
下向きの角度によってはあごが唇に隠れて見えなくなるというのも有りでしょう。

残りは一気に描いてしまいました。
・目と眉に間は広く
・おでこは広く
・おでこと頭頂部の間も広く
頭は正面から見た時は頭頂部までしか見えませんが上から見下ろした場合後頭部まで見えているのでその分広くなります。

要するに顔の上の方は広く、下の方は狭くを心がけましょう。

ちなみにうつむき加減の横顔はふつうに横顔を描いて角度を変えるだけなのでお間違えなく。
いま思いついたんですが比率がどうしてもわからない場合は横顔がかけるなら横顔を描いてから位置を考えてみるといいかもしれませんね。
この程度の角度では迷うことはないでしょうが・・

こんな角度になるとどうでしょう。
ちなみに私は横顔を見ているとよけいに混乱しましたので見るのをやめました。

まあ今思いついたことですから。

まあくどくど描きましたが上から見下ろすタイプは特に難しくないですね。
普通の顔がちょっと格好良く見えたりします。おすすめですね。

次に下から見上げるタイプです。仰け反るとこうなります。
こちらは難しい。実際の人間でも下から見上げると間抜けな顔になりますよね。鼻の穴が見えたりして。

と言うわけで描き方その1
・描かない
苦手な物は描かないのも手の一つです。仰け反るという行動は普段あまりとらないので漫画なんかでは描かなくても
特に不自然ではありません。

というのもあんまりなので私の描き方を。


目はこんな風になります。正面とあんまり変わっていませんがそれでいいんです。まつげは上にのみ伸びています。
となると下まつげが描きにくいので描かない方がいいでしょう。描いた時は仕方ないので下にのばしましょう。
下睫毛が上に伸びているのは不気味なので。

ここでの何よりのポイントは下瞼が直線であることです。上から見下ろした時に逆カーブになっていたから見上げた時も
カーブにすると


にやけてしまいますね。では顔の描き方にいきましょう。

まずはこんな感じに、上向きに球面に沿って正中線を引きます。
続いて輪郭を引きます。
・頬を少し上に。
・耳の位置は変わらない
・おでこは狭く
下向きの逆ですね。正中線に沿って引いてしまいます。

さて、このまま顔をかいて終わりでもいいのですが、
上を向いている時はあごの裏が見えますね。あごの裏が見えている方がのけぞり度アップです。そこであごの線の引き方。

まずどれだけ上を向いているのか、縦線の中央から交差点までの位置を計ります。それくらい上を向いていると言うことなので、あごから等距離だけ上に点を打ちます。

さて、あごの線の弾き方です。

・点を打った位置があごになる。
・最初のあごとあがったあごの中央に線を引く。
・その線と輪郭の交点にまっすぐ線を引く。
・角を丸める

中央なのは正面を向いている時の話で、45度斜めを向いている時は近い方の輪郭へは25%、遠い方の輪郭へは75%といった感じで引くといいでしょう。

むろんそんな厳密である必要はありませんが。
以上であごのラインできあがりです。

ついでに首をかいておきます。
首は元の輪郭に合わせて描きます。

元の輪郭を消して、新しい輪郭から首までまっすぐ線を引きます。その線とあごのラインに囲まれた場所はあごの下の陰になります。
では目を描き込みます。目は下瞼を正中線と平行に描くようにするといいでしょう。つり目、たれ目のキャラは調整してください。

顔のほかのパーツも描き込みます。

・おでこは狭く
・目と眉の間は狭く
・目と鼻の間は狭く
・鼻と口の間を広く
・口とあごの間を広く。
以上を心がけましょう。

要するに顔の上の方は狭く、下の方は広くです。
各パーツの大きさや形は変える必要はないと思います。

最後に髪の毛を描いてできあがり。髪の毛は頭頂部までも見えないのでかなり狭くなります。

まあなんか上向いてるように見えるでしょ

横顔と合わせるとまあこんな感じ。上記の下向き顔と同じようにかなりこじつけていますが。

同じ手法で正面もかけます。描き方ははしょりますがとこんな感じ。

デッサンずれまくりなのは無視してください。

さて、同じ手法でどこまで上向きまでかけるかですが、

角度が小さい時は問題ないですね。 う〜ん・・まあなんとか (注意:この絵は悪い例です)
これはさすがに無理か。角度が大きいときは根本から考え直しましょう。

という訳で小さい角度の下向き、上向きの描き方でした。また来週。(嘘)

<back>

<next ・横顔へ>